香港で研修事業を手掛けるパソナエデュケーションは、将来国際社会で活躍できる若者の育成を目指して、「Pasona Global Edge『香港滞在型人材育成研修』」を実施しています。
3月14~20日には、文部科学省が定める「スーパーグローバルハイスクール」である立命館宇治高等学校の2年生約80名が参加しました。

学生たちは「国際関係」「共生」「起業家精神」「社会貢献」の4つをテーマに、フィールドワーク、グローバル企業訪問、現地香港の学生との交流等を行い、異文化コミュニケーション能力や社会課題の問題解決能力など、グローバルリーダーに必要な素養を学びました。